足もとに SUKENO │ SUKENO at your feet

足もとにSUKENO SUKENO at your feet

企画職に就くことが出来、作り手になる夢を叶えました。

企画職に就くことが出来、作り手になる夢を叶えました。

MAKI KUNIZANE

profile プロフィール

企画職に就くことが出来、作り手になる夢を叶えました。

東京支店商品企画
2019年入社

国実 麻希MAKI KUNIZANE

SELF-INTRODUCTION
私は商品企画部に所属しています。
入社前は服飾専門学校で洋裁を学び、在学中には友人とオリジナルブランドを立ち上げるなど積極的に活動を行っていました。
卒業した今も洋服づくりなどハンドメイドを趣味のひとつとして楽しんでいます。

message メッセージ

Q.商品企画としてどんなお仕事をされていますか?

主に商品企画としては、靴下のデザインを担当することが多く、靴下のデザインに入る前に、ターゲットやブランドイメージを考慮しながら考えます。また、靴下のデザインだけでなく、パッケージ、店頭で使用されるPOPもをデザインしています。 
 
商品を考案する際にファッションのトレンドだけでなく、世の中で何が話題で人々がどんなことに関心を持っているのかをリサーチし企画に反映させます。また、日々の生活の中の小さな思いつきが商品提案に繋がることもあるので、それをどう展開するかが重要だと考えています。

デザインするだけでなく、工場に依頼するときに必要な指示書を作成し、工場とやり取りを進めながら企画を進行します。商品が作られるまでをサポートすることも企画職の大切な仕事です

Q.企画職になろうと思った理由は何ですか?

幼いころからファッションや自分の手で作ることが好きで、モノを生み出す人になりたいと思っていたので就職活動中は企画職だけでなく作り手になれる職業に就くために活動しました。

活動中に学校に弊社の企画職の求人情報が来ているのを見つけ、手軽にトレンドを取り入れることが出来る靴下が好きだった自分にピッタリな職だと思い就職活動を行い、結果的に企画職に就くことが出来、作り手になる夢を叶えました。

Q.商品企画をする上で大切にしていることは何ですか?
どんなとき、自分の成長を感じますか?

商品企画を進行する上では、市場の情報を集めるなど多方面に関心を持つことが大切だと学びました。ファッション以外の流行には疎いほうだったので、消費者がどんなことに関心をもっているのかや、SNSでは何が話題になっているかを多方面で情報収集し、業務に活かしています。

まだわからないことも多く、日々勉強中なのですが入社してから培ってきた知識が業務に役立った時や先を見越して計画的に行動出来るようになったことは成長した点だと感じています。

Q.最後に商品企画として助野で働く魅力を教えてください

入社してすぐ靴下の企画に携わることが出来るので、学びながら経験を積むことが出来ます。初めて自分の描いたデザインが形になったときはとても感動しました。

また、国内の自社工場で実際に靴下の編立を経験することが出来るので、より深く靴下についての知識を身に着けることが出来ます。
先輩社員の皆さんがとても丁寧に指導して下さる、温かい職場も魅力の一つだと思います。