足もとに SUKENO │ SUKENO at your feet

足もとにSUKENO SUKENO at your feet

Strong point

SUKENOの強み

海外展開 海外ノウハウを活かしたグローバル対応力

1956年、靴下専門卸商として富山県高岡市に創業。
1988年中国遼寧省錦州市との業務提携を皮切りに、本格的な海外戦略をスタートし、業界では先駆け的存在です。
お客様のあらゆるニーズに対応するため、北京・タイにて自社3工場を拡大し、「国内技術のノウハウを海外へ」の合言葉のもと日本からの技術指導・最新鋭の設備による一貫生産体制を備え、日本品質で海外生産の両立を実現し、日本向けだけではなく、欧米のマーケットを中心に世界各国へ商品を供給しています。
近年では海外工場でもサスティナブル志向を高め、環境への配慮も行い、再利用原料の積極的利用・最新生産設備によるオートメーション、省エネ化を実施、持続的な海外展開を目指しています。

  • 技術指導

    技術指導

  • タイ助野ニット工場

    タイ助野ニット工場

  • SUKENO(USA)

    SUKENO(USA)

企画力 豊かな発想・魅力的な提案

企画力

お客様がつい手に取りたくなる、そんな魅力ある商品化を目指し新しいアイデア、商品をご提案いたします。
業界を熟知したベテランスタッフから新鮮なアイデアを持つ若手スタッフが在籍しておりますので、多種多様な市場に対応いたします。
また、業界でも類を見ないオリジナリティ溢れるギフトアイテムを商品化し、レッグウェアとして新たな商品価値を皆さまにお届けしております。
そして、近年ではレッグウェアにとどまらず、バッグや帽子など服飾雑貨も力を入れており、幅広い商品展開に取り組んでおります。

マーケティング 市場のリアルと連携した確かなマーケティング力

マーケティング

弊社にはマーケティングスタッフが在籍し、東京・大阪の国内市場を中心にメディア・WEB・トレンド情報と多種多様なツールからマーケットリサーチを行っています。
また、海外スタッフ からの欧米市場のトレンド情報などを活かし世界のマーケットリサーチから落とし込まれた商品提案も強みです。
今求められているものは何か、日々変化する市場に合わせ商品を提供し続ける為確かなマーケティング情報を基盤にすることで自信を持って商品をご提案しております。

商品開発体制 国内に研究施設「LAB」を構えている強み

商品開発体制

弊社の強みは国内に研究開発を行える「LAB」。
イタリアから輸入した最先端の靴下編み機をはじめ、生産設備を装備。
小ロット生産に対応でき、海外生産による量産クイック対応まで幅広く柔軟に安心・安全の生産管理体制で対応しております。
デザイナー自身が編み機を操り、商品を開発する環境も「LAB」の特徴です。
国内外問わず、デザイナー自身が編み機を操る環境は弊社だけと自負しており、デザイナーと熟練の技術を持ったスタッフがその場で話し合い「ものづくり」へのこだわりを切磋琢磨しています。
LABで開発した商品は大量生産体制だけでは着手できない市場ニーズへ対応し、より皆さまの足もとを快適にすることができる商品が誕生しています。

代表挨拶

レッグファッションを牽引し、
さらなる躍進を。

助野株式会社は1956年、創業者の個人事業として、小さな産声を上げました。

創業者からは「これからは考えることが商売になる、常に勉強を怠るな」との訓話を受け、私たちは絶えず創業時の想いと向き合いながらアパレル業界の変化に対応し続け、60年余りの歳月、企業・社員ともに歩んでまいりました。

ファッションビジネスを取り巻く環境の変化は想定以上のスピードを見せており、グローバル化やトレンド・消費者ニーズの多様化はますます加速しています。
変化に対応し、より前進していくためには、常に新しい価値を提供することが何よりも重要です。

それを実現させていくのは、いつの時代も「考える力」です。
近年ではサスティナビリティという言葉に代表されるようにファッションにおける価値が変遷し続けています。

常にマーケットを熟知し、創造性を磨き、「考える力」を養い続け、レッグファッションを牽引する企業として、社員一丸となって新しい価値を市場にお届けしていきます。

助野株式会社代表取締役社長 助野一郎