足もとに SUKENO │ SUKENO at your feet

足もとにSUKENO SUKENO at your feet

消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

KENTA KATO

profile プロフィール

消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

東京支店商品企画
2018年入社

加藤 健太KENTA KATO

SELF-INTRODUCTION
2018年度に入社、商品企画部に所属して現在4年目になります。
大学ではテキスタイルデザイン科に在籍し、繊維関係のデザインを中心に学んでいました。学生時代は、大学の制作とは別に、雑貨などを作り友人と展示や販売などもしていました。

message メッセージ

Q.商品企画としてどんなお仕事をされていますか?

商品企画とマーケティングが主な業務です。商品企画は、主に女性向けのルームレギンスを中心に企画担当しています。商品のデザインはもちろん、企画の立ち上がりとなるブランディングや素材選びから、最終的なパッケージや販促物のデザインまで、一連の業務に携わっています。
マーケティングチームとしては、消費者のニーズや流行のリサーチを行い、分析した情報を社内・社外に発信しています。リサーチは、主に雑誌や新聞、WEBなどを利用しますが、実際に売り場に足を運ぶことや、外部のトレンドセミナーに参加して情報を集めることもあります。

消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

Q.企画職になろうと思った理由は何ですか?

元々ものづくりや描くことが好きで、高校、大学と美術系の学校に通っていました。その為、自然とそれらに携わる仕事に就きたいと思うようになり、企画職やデザイン職中心に就職活動をしていました。当社のことはリクルートサイトで知り、紹介ページに載っていたお寿司に見立てた靴下の商品を見て、こんな自由な発想の会社で働きたいと思い入社を決めました。

Q.商品企画をする上で大切にしていることは何ですか?

自身の企画の先に消費者の方がいるという意識を大切にしています。特にレギンス企画は、自身と異なる 女性がターゲットの商品なので、消費者である女性が何を求めているのかを常に意識しています。トレンドの要素は色や素材だけではなく、パッケージデザインやそこに載せるフレーズにも流行りがあるので、マーケティング業務で得た新鮮な情報を活かしながら、消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

消費者の方が今、手に取りたくなる商品づくりを心掛けています。

Q.最後に商品企画として助野で働く魅力を教えてください

商品の立案から最終的な見せ方まで一貫して任せてもらえることは、魅力のひとつだと思います。もちろん自身の得意、不得意に応じて、他のメンバーに相談やフォローをお願いすることもありますが、「こういう商品が作りたい」という思いを、商品開発の各段階で落とし込みができること、そしてそれが商品として形にできることは、企画職として とてもやりがいを感じています。自社の展示会や商談の場で、取引先の方に携わった商品を提案した際に良い反応を頂けると喜びもひとしおです。